*

年末だよアユ祭り!?

公開日: : 最終更新日:2016/12/31 栃木の魚


今日は12/30。今年もあと数日で終わりですね。この時期には珍しく、12/29からアユの幼魚の展示を始めました!
那珂川は日本有数のアユの産地ですが、1年しか生きない短命な魚なので、今の時期、赤ちゃんアユは海で生活していて、川にはいません。
春先になると、育ったアユたちが川を上ってくる。という生活をしています。
普段は見かけることのない赤ちゃんアユですが、栃木県では養殖しているため、一年を通して養魚場にはいるんです。

今回、栃木県漁業協同組合連合会のご協力により、特別に譲っていただいたアユの赤ちゃんを展示しました。

5cmほどの小さな赤ちゃんですが、もうすっかりアユの姿をしています!その数700匹!
日に日に育っていきますので、滅多に見ることがない小さなアユお早目にご覧ください!

そうそう、実はもう一つ珍しいアユが1匹います!
その名も”コバルトアユ”です。
突然変異で生まれつき大人にならない(ホルモンを分泌する脳下垂体が欠如しているため、成熟せず産卵しない)
アユで、産卵しないことから何年も生きる不思議なアユです。
体がうっすら青く、コバルトブルー色に見えることから俗に「コバルトアユ」と呼ばれます。
この秋に栃木県水産試験場の養殖池で発見されたもので、数万匹に1匹の割合でしか生まれないとも言われる
とても珍しい魚です。
こちらは那珂川中流の水槽で展示しています!
img_7397 img_7407

アユの季節ではないのに、なぜかアユが熱い水遊園です。

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

サケの赤ちゃん登場!

12/20からサケの赤ちゃんを特別展示しています! 毎年、秋に海から那珂川にやってくる親のサケ

記事を読む

黄色のホトケドジョウ初公開!

みなさん、「黄色のホトケドジョウ」を見たことがありますか? 「黄色のドジョウ」は比較的よく見つ

記事を読む

ヤマメに婚姻色の気配

那珂川上流の水槽で展示している渓流魚「ヤマメ」。 ヤマメは漢字で「山女魚」と書き、「渓流の女王

記事を読む

巨大ウナギがやってきた!

先日、「池で飼っていて大きくなったウナギがいるが欲しいか?」というご連絡をいただきました。聞くところ

記事を読む

サケの赤ちゃんを展示しました!

11月に期間限定で展示していたサケが、実はなんと!水槽の中で奇跡的に産卵していました。 自然界

記事を読む

世代交代

先日、那珂川上流の水槽のイワナ、ヤマメ、ニジマスと中禅寺湖のヒメマス、カワマス、ブラウントラウトが若

記事を読む

青いサケ現る!

水遊園の横を流れる那珂川は、毎年秋になると産卵のために海からたくさんのサケがやってきます。 那

記事を読む

コバルト色のアユ登場!

コバルト色のアユが水遊園にやってきました。 このアユは、年に1度程の割合で見つかる突然変異の

記事を読む

元気な子供たち

このところ半袖で過ごせるほど、暖かくなってきました。 暖かくなると、川の魚たちも元気に泳ぐよう

記事を読む

水槽にも春の訪れ!?

新年度が始まり、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。 世の中は、あまりよくない話題でもちきり

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑