*

黄色のホトケドジョウ初公開!

公開日: : 栃木の魚, 特別展示


みなさん、「黄色のホトケドジョウ」を見たことがありますか?

「黄色のドジョウ」は比較的よく見つかり、水遊園に持ち込まれたものをこれまでに何度も展示してきました。

たとえば、こんな魚↓

現在も展示中の「黄色のドジョウ」

今日のお話は「黄色のドジョウ」ではなく、「黄色のホトケドジョウ」です!

ドジョウはどこにでも生息していますが、ホトケドジョウは比較的少なく、栃木県内でも限られた場所にだけ生息しています。ホトケドジョウがいる場所は自然が豊かでいい場所ともいえますが、今から2年前に栃木県内で1匹の黄色のホトケドジョウが発見されました!

黄色と普通のホトケドジョウ

なぜ黄色かというと、体の色を正常に作ることができない生まれつきの変異だからです。

このような体の色が変化した魚は、一説には数万匹に1匹の確立で産まれるとも言われ、非常に珍しい魚です。さらには、その目立つ色から他の魚や鳥などに狙われやすいため、自然界では生き残ることの難しい魚でもあります。

 

私はこれまでにいろいろな栃木の魚を見てきましたが、初めて黄色のホトケドジョウを見た時には「これすごい!」と思わず声に出して感動しました!

そして、すぐに”ある計画”を考えたのです。そう、黄色のホトケドジョウ大量増殖計画

1匹でも感動したのだから、たくさんいたら感動も2000%増しのはず!

「100%の感動よりも、2000%の感動をみなさんに」をスローガンに(笑)、すぐに水族館で展示することなく2年間、バックヤードでひっそりと飼育し続けていました。

いやー、個人的には非常に苦しかったのです、だって、感動の魚を2年間も黙っていなくてはならなかったのですから(笑)!

そして、ついに繁殖に成功し、念願の大量増殖に成功したのです!

これはきっと、日本初でしょう!いや、日本固有種ですから、世界初の快挙かもしれません(自画自賛)!

というわけで、黄色のホトケドジョウを6/15から8/26(予定)まで特別展示しています!

さあ、2000%の感動をあなたに!(注:個人差がありますので一切保証はできません)

ぜひご覧ください!!

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

ヤマメに婚姻色の気配

那珂川上流の水槽で展示している渓流魚「ヤマメ」。 ヤマメは漢字で「山女魚」と書き、「渓流の女王

記事を読む

不思議なアユ

12/29からアユの赤ちゃんを展示したことをお伝えしましたが、 展示している700匹の中に1匹変わ

記事を読む

水色のアマガエルを発見!

先月、飼育スタッフが園内で水色のアマガエルを見つけました! さすがは、日本一(敷地面積

記事を読む

白色のナマズ

つい1ヶ月ほど前に水遊園の横の那珂川で50cmほどの白いナマズが見つかり、当園に持ち込まれました!

記事を読む

マミズクラゲを特別展示!

本日、「マミズクラゲを発見した!」との一報を受けて早速現場に急行。 いましたいました!唯一、淡

記事を読む

世代交代

先日、那珂川上流の水槽のイワナ、ヤマメ、ニジマスと中禅寺湖のヒメマス、カワマス、ブラウントラウトが若

記事を読む

産卵の季節到来

桜も散り、すっかり暖かくなりましたね! 水槽の魚たちも繁殖の季節を迎え、体が婚姻色に変化したも

記事を読む

ヤマメの赤ちゃん展示してます

ヤマメの幼魚を展示しています。まだ4cmほどの小さな子どもでとってもかわいい姿です。ぜひご覧くださ

記事を読む

サケの赤ちゃん登場!

12/20からサケの赤ちゃんを特別展示しています! 毎年、秋に海から那珂川にやってくる親のサケ

記事を読む

水遊園史上最大のザリガニ

  毎年、夏休み期間中に行っている参加型展示のザリガニグランプリですが、 今年のエント

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑