*

最近の出来事 その2

公開日: : 最終更新日:2017/12/07 栃木の魚


 

前回からの続きで、

4.カムルチーが仲間入り

よく「ライギョ」と呼ばれる魚ですね。
那珂川水系には約60種、栃木県内には約80種の魚が生息していますが、
水遊園ではそのすべてを展示しているわけではありません。
その理由は水槽の大きさや生き物の組み合わせ、飼育の難しさなどさまざまです。
カムルチーもその一つです、成長すると100cmほどのなる肉食の魚です。
大きな水槽でほかに食べられるような魚がいない水槽でないとなりません。
そのため、小ぶりなカムルチーでないと展示することが難しい魚の一つです。
現在20cmほどで展示中!

5.アメリカザリガニが登場

意外な生き物のご紹介です。
「これはいつでも水遊園で見られるでしょ!」と、ツッコミが殺到しそうですが、
実はタッチング水槽にはいますが、横からしっかり見ることのできる水槽では
これまで展示したことがありません。
開園16年目にして初登場です(笑)。

6.ひそかにツチフキ登場

栃木県南部で生息が確認されている、西日本原産のコイの仲間です。
こちらも常設展示の仲間入りです。
「地味」と言われてしまいそうですが、この魚、砂に潜る習性もあり、
なおさら見つけられないかもしれません・・・。
かわいい顔しているんですよ。

次回に続く・・・

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

ヤマメの産卵見られるかな

秋も深まり、ヤマメが産卵する季節になりました。 水槽で育ったヤマメたちも産卵体制に入っています

記事を読む

アユがやってきたぞ

今年も海からやってきた天然アユが栃木県内の那珂川で確認されました。 例年よりも2週間ほど遅い到

記事を読む

元気な子供たち

このところ半袖で過ごせるほど、暖かくなってきました。 暖かくなると、川の魚たちも元気に泳ぐよう

記事を読む

変わったアユを展示しましたよ!

10月になり、水槽のアユたちは産卵のため、少しずつ婚姻色になってきています。「今年のアユの展示もあと

記事を読む

透明?なフナ

オスのいない魚で有名なギンブナの水槽に新たな仲間が登場しました! ずばり「透明鱗のギンブナ」で

記事を読む

土用の丑の日といえば、これでしょ!

連日の曇りや雨から一転、いきなり真夏のような暑さでみなさんぐったりしていますよね?ええ、私もぐったり

記事を読む

短期間限定でサケを展示!

10月も下旬になり、那珂川には海からやってきたサケがたくさん見られるようになりました! この季

記事を読む

水遊園初展示!カワサバ

水遊園初登場の魚!カワサバを特別展示しました! カワサバはイワナとヤマメの交雑から産まれると考

記事を読む

コバルトブルーのニジマス

那珂川上流の水槽に「コバルトマス」を展示しました! コバルトマスは、ニジマスの突然変異で生まれ

記事を読む

特別展示『奇跡のナマズ』

明日、8月11日からこの「奇跡のナマズ」を特別展示します。 なぜ、「奇跡」なのか・・・

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑