*

最近の出来事 その2

公開日: : 最終更新日:2017/12/07 栃木の魚


 

前回からの続きで、

4.カムルチーが仲間入り

よく「ライギョ」と呼ばれる魚ですね。
那珂川水系には約60種、栃木県内には約80種の魚が生息していますが、
水遊園ではそのすべてを展示しているわけではありません。
その理由は水槽の大きさや生き物の組み合わせ、飼育の難しさなどさまざまです。
カムルチーもその一つです、成長すると100cmほどのなる肉食の魚です。
大きな水槽でほかに食べられるような魚がいない水槽でないとなりません。
そのため、小ぶりなカムルチーでないと展示することが難しい魚の一つです。
現在20cmほどで展示中!

5.アメリカザリガニが登場

意外な生き物のご紹介です。
「これはいつでも水遊園で見られるでしょ!」と、ツッコミが殺到しそうですが、
実はタッチング水槽にはいますが、横からしっかり見ることのできる水槽では
これまで展示したことがありません。
開園16年目にして初登場です(笑)。

6.ひそかにツチフキ登場

栃木県南部で生息が確認されている、西日本原産のコイの仲間です。
こちらも常設展示の仲間入りです。
「地味」と言われてしまいそうですが、この魚、砂に潜る習性もあり、
なおさら見つけられないかもしれません・・・。
かわいい顔しているんですよ。

次回に続く・・・

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

栃木の新たな魚を展示

2008年以降、茨城県霞ヶ浦や群馬県で生息が確認されている中国大陸原産のコウライギギが、ここ数年、栃

記事を読む

サケの赤ちゃん登場!

12/20からサケの赤ちゃんを特別展示しています! 毎年、秋に海から那珂川にやってくる親のサケ

記事を読む

最近の出来事 その3

前回からの続きで、 7.ムギツクも仲間入り こちらもツチフキ同様に、栃木県南部に生息して

記事を読む

白色のナマズ

つい1ヶ月ほど前に水遊園の横の那珂川で50cmほどの白いナマズが見つかり、当園に持ち込まれました!

記事を読む

愛称はヌマチです!

今回は「ヌマチ」と飼育員の間で呼んでいる魚「ヌマチチブ」のご紹介です。 スポットの当たること

記事を読む

ヤマメに婚姻色の気配

那珂川上流の水槽で展示している渓流魚「ヤマメ」。 ヤマメは漢字で「山女魚」と書き、「渓流の女王

記事を読む

今日も元気に!トンネルの出口で待ってます!

水遊園は先月の30日から休館しています。 でも生き物たちは、見ての通

記事を読む

短期間限定でサケを展示!

10月も下旬になり、那珂川には海からやってきたサケがたくさん見られるようになりました! この季

記事を読む

ヤマメの産卵見られるかな

秋も深まり、ヤマメが産卵する季節になりました。 水槽で育ったヤマメたちも産卵体制に入っています

記事を読む

メガ・ドジョウ現る!

  今日はドジョウのご紹介。 田んぼや水路などどこにでもいますし、栃木ではよく食用にす

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑