*

企画展ラストスパート!

公開日: : 企画展, 栃木の魚


現在、好評開催中の企画展「川物語~那珂川と日本の魚たち~」が残すところ約1週間となりました。

そこで今回は、まだこの企画展をご覧になっていない方のために、ちょっとだけご紹介したいと思います。

この企画は、なかがわ水遊園の開園20周年を記念して実施した展示なのです。

だから、今までの企画展のスケールよりも大きな広い会場になっていて、だいたいその広さは展示ゾーン1Fの2/3ほど。

いつも見ることができる常設展示の水槽の間に、企画展の水槽が配置されていたりするんですよ。

会場のメインとなる場所へ近づくと・・・

我々、飼育スタッフが生物調査中に実際に撮影した自然の水辺の風景が壁を彩り、その前で日本各地に生息している魚たちを見ることが出来ます。

中でも、担当者一押しの生き物たちがコチラ!!

ん~、なんだか水槽ちっちゃくない!?と思われたあなた。

いやいや、見どころは水槽の大きさだけではないんです。

見ることができる生き物が重要なんです!

なんと、ここでは国が指定している天然記念物の淡水魚、全4種を一堂に見ることができるのです。

それがこちら。

西日本の一部にすむドジョウの仲間アユモドキ。

東海地方にすんでいて、那珂川のギバチとよく似ているネコギギ。

さらに、タナゴの仲間のイタセンパラ。

イタセンパラは大阪の施設からお借りしているのですが、とても恥ずかしがりやな性格なので写真が上手く撮れませんでした。

ですので、是非ご自身の目で見てみてください。

最後は常設でも紹介しているミヤコタナゴですね。

その4種だけでなく、たくさんの淡水魚たちと出会うことが出来る企画展は今月末、10月31日(日)までの開催です。

淡水魚が好きな方はもちろん、そうでない方も楽しめる内容になっていると思います。

みなさまのご来館をお待ちしています。

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

ホンモロコを展示しました

  ホンモロコを展示しました! もともとは琵琶湖固有の魚ですが、栃木県内では10年ほど

記事を読む

ヤマメに婚姻色の気配

那珂川上流の水槽で展示している渓流魚「ヤマメ」。 ヤマメは漢字で「山女魚」と書き、「渓流の女王

記事を読む

水遊園初展示!カワサバ

水遊園初登場の魚!カワサバを特別展示しました! カワサバはイワナとヤマメの交雑から産まれると考

記事を読む

サケの赤ちゃん登場!

12/20からサケの赤ちゃんを特別展示しています! 毎年、秋に海から那珂川にやってくる親のサケ

記事を読む

土用の丑の日といえば、これでしょ!

連日の曇りや雨から一転、いきなり真夏のような暑さでみなさんぐったりしていますよね?ええ、私もぐったり

記事を読む

15周年企画展の様子

今回は、ただいま開催中の15周年記念企画展“アマゾンアドベンチャー”の会場の様子をお伝えします。

記事を読む

冬の企画展まもなく!

本日は11/16です。 明日17日から冬の企画展がはじまります。毎年、冬の企画展は室内のイルミ

記事を読む

冬の企画展の生き物たち

SNS映えがすることで人気沸騰!の冬の企画展は、ブルーのライトが主体で会場は青!青!青! 日中

記事を読む

冬の企画展

  冬の企画展は毎年、室内イルミネーション(ライトアクアリオ)を行っています。 今年

記事を読む

飼育員の選ぶお気に入り金魚

  大好評開催中の夏の企画展「金魚展」も、残すところあと数日。 50種類以上のたくさん

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑