*

巨大ウナギがやってきた!

公開日: : 栃木の魚


先日、「池で飼っていて大きくなったウナギがいるが欲しいか?」というご連絡をいただきました。聞くところによると、直径7.5cmのパイプをねぐらにしていて、体の太さがそのパイプいっぱいいっぱいだというではないですか!

本当だったら「それはでかい!」となるんですが、飼っていらっしゃる方本人の話ではなく、間に何人か入っての情報でして、伝言ゲームをするうちに話が盛られているような、よくありがちな危ない匂いがプンプンします。

そして本日、うわさの巨大ウナギとようやくご対面の日でした!

正直言って、心の中では「たぶん、普通のウナギよりもちょっと大きいぐらいだろう。太さが7.5cmは言い過ぎだろう」と半信半疑だったので、それなりの輸送道具しか持参していませんでした。

ドキドキしながら、いざ、池から取り上げると!

「あ、やばい。これは輸送できないかも・・・・」

ええ、そうなんです。本当に大きかったんですよ!まさに「巨大」といっても詐欺ではないぐらい大きかったんです。大きいというより「でかい」ですね、これは。

なんとかかんとか、水遊園まで無事に持ち帰り、ざっとですが大きさを測定しました。

全長110cm超、重さ2.8kg、胴周り20cmほどもありました・・・。

DSCF6767

写真を見る限りではすごさが伝わらないですよね。

もう、言葉でも写真でも伝わらない大きさですね、これは。

そう言いながらももう1枚写真を載せてみます笑↓

DSCF6769

搬入後、急いで撮影したため、不鮮明な上、大きさの比較対象も写っていないので、この写真ではもはや、ただのウナギです笑。

本当に大きいんですよ、太さが500mlのペットボトルぐらいあるんですから!

なんでも10年間ほど飼育していたウナギだそうです。

状態を確認するため、しばらくはバックヤードの水槽で飼育することになりますが、まもなく土用の丑の日(7/24)ですので、そのぐらいまでには展示したいなと思います。

乞うご期待ください!ホントにでかいんですから!

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

休園日の飼育係

毎週月曜日と第四木曜日は休園日で、公園も水族館もお休みしています。 休みとはいっても生き物の世

記事を読む

マスたちの体が紅葉してきたぞ!

11月になり、山々はきれいな紅葉がちらほら。水槽の中でもこの季節、紅葉する魚たちがいます。 紅

記事を読む

コクレンを展示しました

渡良瀬遊水地の水槽にコクレンを展示しました。 コクレンは中国大陸原産の魚で、移入されたものが渡

記事を読む

土用の丑の日といえば、これでしょ!

連日の曇りや雨から一転、いきなり真夏のような暑さでみなさんぐったりしていますよね?ええ、私もぐったり

記事を読む

コバルトブルーのニジマス

那珂川上流の水槽に「コバルトマス」を展示しました! コバルトマスは、ニジマスの突然変異で生まれ

記事を読む

栃木の新たな魚を展示

2008年以降、茨城県霞ヶ浦や群馬県で生息が確認されている中国大陸原産のコウライギギが、ここ数年、栃

記事を読む

最近の出来事 その1

  前回書いてから2ヶ月近くが経ってしまいました・・・、うーん怒られてしまう(汗)。

記事を読む

速報!金色ギバチ

金色に輝くギバチが発見され、当園に持ち込まれました!!!! 普通は茶色やこげ茶色をして

記事を読む

サケの赤ちゃんを展示しました!

11月に期間限定で展示していたサケが、実はなんと!水槽の中で奇跡的に産卵していました。 自然界

記事を読む

ヤマメの稚魚を展示しました

3/20からヤマメの赤ちゃんを展示しました。 まだ4cmほどの小さな赤ちゃんたちです!

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑