*

巨大ウナギがやってきた!

公開日: : 栃木の魚


先日、「池で飼っていて大きくなったウナギがいるが欲しいか?」というご連絡をいただきました。聞くところによると、直径7.5cmのパイプをねぐらにしていて、体の太さがそのパイプいっぱいいっぱいだというではないですか!

本当だったら「それはでかい!」となるんですが、飼っていらっしゃる方本人の話ではなく、間に何人か入っての情報でして、伝言ゲームをするうちに話が盛られているような、よくありがちな危ない匂いがプンプンします。

そして本日、うわさの巨大ウナギとようやくご対面の日でした!

正直言って、心の中では「たぶん、普通のウナギよりもちょっと大きいぐらいだろう。太さが7.5cmは言い過ぎだろう」と半信半疑だったので、それなりの輸送道具しか持参していませんでした。

ドキドキしながら、いざ、池から取り上げると!

「あ、やばい。これは輸送できないかも・・・・」

ええ、そうなんです。本当に大きかったんですよ!まさに「巨大」といっても詐欺ではないぐらい大きかったんです。大きいというより「でかい」ですね、これは。

なんとかかんとか、水遊園まで無事に持ち帰り、ざっとですが大きさを測定しました。

全長110cm超、重さ2.8kg、胴周り20cmほどもありました・・・。

DSCF6767

写真を見る限りではすごさが伝わらないですよね。

もう、言葉でも写真でも伝わらない大きさですね、これは。

そう言いながらももう1枚写真を載せてみます笑↓

DSCF6769

搬入後、急いで撮影したため、不鮮明な上、大きさの比較対象も写っていないので、この写真ではもはや、ただのウナギです笑。

本当に大きいんですよ、太さが500mlのペットボトルぐらいあるんですから!

なんでも10年間ほど飼育していたウナギだそうです。

状態を確認するため、しばらくはバックヤードの水槽で飼育することになりますが、まもなく土用の丑の日(7/24)ですので、そのぐらいまでには展示したいなと思います。

乞うご期待ください!ホントにでかいんですから!

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

コバルトアユ2匹目登場!

コバルトブルー色のアユを展示しました! 栃木県はアユの養殖が盛んなためか、体の色がコバ

記事を読む

産卵の季節到来

桜も散り、すっかり暖かくなりましたね! 水槽の魚たちも繁殖の季節を迎え、体が婚姻色に変化したも

記事を読む

最近の出来事 その2

  前回からの続きで、 4.カムルチーが仲間入り よく「ライギョ」と呼ばれる

記事を読む

元気な子供たち

このところ半袖で過ごせるほど、暖かくなってきました。 暖かくなると、川の魚たちも元気に泳ぐよう

記事を読む

サケが産卵しました

前回、サケの展示が始まったことをお知らせいたしましたが、なんと水そうの中で産卵してくれました!

記事を読む

栃木の新たな魚を展示

2008年以降、茨城県霞ヶ浦や群馬県で生息が確認されている中国大陸原産のコウライギギが、ここ数年、栃

記事を読む

アユを展示しました!

6月1日に那珂川でアユ釣りが解禁になりました。それに合わせ、なかがわ水遊園でも6月1日からアユの展示

記事を読む

ヤマメの稚魚を展示しました

3/20からヤマメの赤ちゃんを展示しました。 まだ4cmほどの小さな赤ちゃんたちです!

記事を読む

産卵するかも、しないかも・・・

春から初夏はいろいろな魚たちが繁殖の季節を迎えています。 今日オススメするのは、こちら!

記事を読む

水遊園初展示!カワサバ

水遊園初登場の魚!カワサバを特別展示しました! カワサバはイワナとヤマメの交雑から産まれると考

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑