*

透明?なフナ

公開日: : 栃木の魚


オスのいない魚で有名なギンブナの水槽に新たな仲間が登場しました!

ずばり「透明鱗のギンブナ」です。

透明鱗?「なんのことやら????」という方が10人中9人でしょう!いや10人かな

解説しよう・・・

多くの魚にはうろこがある

うろこには色がついていて、その色が私たち人間に見えている魚の体の色である

うろこの色は「色素」と呼ばれる小さな細胞の集まりでできている

その色素に何らかの異常(少なかったり、なかったり)があると体の色が変わってしまう。透明鱗はうろこに色がつかないため、透けてしまうのだ!

透明鱗のギンブナはこちらだ

あれ、期待はずれでした?笑

「透明」というから、てっきり体の中がスケスケの魚だと思いましたか?

実はうろこに色がなくても、うろこの下の体には普通のギンブナのように色がついているため、スケスケにはならないんです・・・。期待した方ごめんなさい。

でも、普通のギンブナと比べるとわかります!ほら

普通のギンブナは光沢のあるうろこをしているでしょ!透明鱗はこの光沢がないんです。写真ではわかりづらいのですが、えらぶたも透けていて、中の赤いえらが少し見えています。

え?同じじゃないかって?いやいやよく見て!

 

ほら違うでしょう?いや、違うんですって!

写真ではわかりづらいかも知れませんね。これは実物を見ていただかないと笑

今回展示した透明鱗のギンブナは展示前の小さいころはこんなに不思議な色だったんです↓でも大きくなって変わってきてしまいました。

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

天然記念物ミヤコタナゴ

当園では日本の天然記念物ミヤコタナゴの展示をしています。 世間一般的に淡水魚は地味で

記事を読む

最近の出来事 その3

前回からの続きで、 7.ムギツクも仲間入り こちらもツチフキ同様に、栃木県南部に生息して

記事を読む

今日も元気に!トンネルの出口で待ってます!

水遊園は先月の30日から休館しています。 でも生き物たちは、見ての通

記事を読む

パンダ祭り

世の中ではシャンシャン誕生でパンダブームですが、 水遊園でも 2匹のパンダを展示しています!い

記事を読む

珍しいアユ2点のご紹介

  8月も上旬で夏真っ盛り! 夏の那珂川といえば、アユ! もちろん今年も水槽で元気な

記事を読む

サケの卵展示開始!!

今日から、サケの卵の展示を開始しました。 例年だと、水遊園の隣を流れる那珂川に遡上し

記事を読む

今年もサケがやってきた!

水遊園の横を流れる那珂川では、今年も海からサケがやってくる季節になりました。 例年、10月下旬

記事を読む

特別展示『奇跡のナマズ』

明日、8月11日からこの「奇跡のナマズ」を特別展示します。 なぜ、「奇跡」なのか・・・

記事を読む

サケが産卵しました

前回、サケの展示が始まったことをお知らせいたしましたが、なんと水そうの中で産卵してくれました!

記事を読む

コバルトブルーのニジマス

那珂川上流の水槽に「コバルトマス」を展示しました! コバルトマスは、ニジマスの突然変異で生まれ

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑