*

今年もサケがやってきた!

公開日: : 栃木の魚


水遊園の横を流れる那珂川では、今年も海からサケがやってくる季節になりました。

例年、10月下旬から12月上旬にかけて多くのサケが産卵のため、那珂川の中流をめざします。

毎年、栃木県鮭鱒協会の協力を得て、サケの展示を行っており、今年も展示を始めました。

朝9時にあらかじめ約束の場所にいくと、漁師さんにより「ひっかけ」と呼ばれる伝統的な漁法で、すでにサケの捕獲が始まっていました。

DSCF5221

昨年に比べて今年はサケが大きく、数も多いそうで、水遊園にも大きなサケを連れ帰ることができました。

9時30分ごろ、開館と同時に展示水槽に入れ無事に搬入。

IMG_8690

今日は元気な4尾が那珂川中流の水槽で悠々と泳いでいます!

サケは海から川を上りはじめると、「産卵し子どもを残すため」だけに生きます。そのため、なにも食べることなくひたすら産卵場所をめざします。海から産卵場所まではおよそ100kmほどありますが、その長い道のりで体が傷つき、ひれがぼろぼろになろうとも、体の傷を治すことなく、そのエネルギーはすべてお腹の卵と泳ぐことに使います。

展示しているサケの体には多くの傷と白いカビがついています。カビは水中にひそむ菌が付着したものです。元気な魚であれば、薬を使うなど治療するができますが、産卵モードになったサケたちの体はけっして治ることがありません。

DSCF5212

サケにとって産卵は「自分のことよりも子どものため」、まさに命をかけた行動で、生き物の本能とたくましい生命力を感じます。

ただ、すべてのサケが産卵できるわけではなく、長旅で力尽きしてしまうものも少なくありません。

今年も水槽の中で、砂利底に穴をほり産卵する姿が見られるかもしれません!

サケの展示は一年のうちでほんの数日~2週間程度です。お早めにご覧ください!

(サケの状態により、予告なく展示しない日、展示が終了する場合があります)

 

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

栃木の新たな魚を展示

2008年以降、茨城県霞ヶ浦や群馬県で生息が確認されている中国大陸原産のコウライギギが、ここ数年、栃

記事を読む

最近の出来事 その2

  前回からの続きで、 4.カムルチーが仲間入り よく「ライギョ」と呼ばれる

記事を読む

最近の出来事 その3

前回からの続きで、 7.ムギツクも仲間入り こちらもツチフキ同様に、栃木県南部に生息して

記事を読む

休園日の飼育係

毎週月曜日と第四木曜日は休園日で、公園も水族館もお休みしています。 休みとはいっても生き物の世

記事を読む

サケの赤ちゃん登場!

12/20からサケの赤ちゃんを特別展示しています! 毎年、秋に海から那珂川にやってくる親のサケ

記事を読む

パンダ祭り

世の中ではシャンシャン誕生でパンダブームですが、 水遊園でも 2匹のパンダを展示しています!い

記事を読む

アユがやってきたぞ

今年も海からやってきた天然アユが栃木県内の那珂川で確認されました。 例年よりも2週間ほど遅い到

記事を読む

世代交代

先日、那珂川上流の水槽のイワナ、ヤマメ、ニジマスと中禅寺湖のヒメマス、カワマス、ブラウントラウトが若

記事を読む

変わったアユを展示しましたよ!

10月になり、水槽のアユたちは産卵のため、少しずつ婚姻色になってきています。「今年のアユの展示もあと

記事を読む

赤ちゃんたちがデビュー

先月、サケが産卵したことをお伝えしましたが、その卵の展示を始めました! すでにふ化して赤ちゃん

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑