*

ついに赤ちゃん誕生!アマゾンの珍エイ

公開日: : アマゾンの魚


去年4月に当園で行ったアマゾン現地調査により、現地で捕獲した珍しい淡水エイ「プレシオトリゴン・ナナPlesiotrygon nana」。
その後、開園15周年記念企画展で7~10月まで公開していました。憶えておられますか?! 丸い体に不釣り合いなほど長い尾を不思議な姿で”かっこかわいい魚”として人気者でした。


企画展で展示していたプレシオトリゴン・ナナPlesiotrygon nana

 

企画展終了後は日本初の繁殖を目指して、バックヤードで慎重に飼育を続けていました。
このエイ、自慢の長い尾が切れやすいという特徴のある魚なんです。野生のものは尾だけで1m近くにもなることがあるそうで、途中で切れてしまうものもいれば、中にはどういうわけか!、尾がダンゴ結びになってしまうものもいます。(切れてしまっても、生活や繁殖に支障はありません)
水槽で飼育する際にも、尾が切れないよう広い環境が必要だったり、一般的なエイよりも食が細くエサにもかなり気をつかう魚です。
尾のほかにも小型という特徴があります。 アマゾンに生息する多くの淡水エイは成長すると直径50cm以上になるものばかりですが、このエイは大人になっても体の直径が20cmほどにしかならない小型のエイです。

そんな、かっこかわいいアマゾンのエイが先日、ついに!赤ちゃんを産みました!!!!!
生まれてきた赤ちゃんはこちら!

大人と同じように長い尾をもち、超ミニチュアサイズ!500円玉と比較してみました。
飼育員みなが「かわいいぃぃ」と大絶賛しました。
実はこの写真を撮影をした時点で、すでに尾が少し切れた後でした。生まれてきた時にはもっと長い尾をしていたので、その写真がないことが残念です・・・。

現在はまだバックヤードで飼育中ですが、いずれはみなさまにお見せできる日がくると思います!

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

関連記事

新しいピラルクーが仲間入り!!!

これまで3匹を展示中だった、水遊園の人気者ピラルクー。 今回新たに1匹が仲間入りしましたよー!

記事を読む

アマゾン水槽で変わった魚発見

  アマゾン大水槽にいるセベラムの中に、1匹だけ半分黒い個体を発見しました。 普通

記事を読む

魚を泳がせる工夫

400トンの水量がある「アマゾン大水槽」ではおよそ100種類のさまざまな魚を展示しています。

記事を読む

15周年企画展、明日から開催!

なかがわ水遊園は7月15日で、開園15周年を迎えます!おめでとう!ありがとう!! この夏はいつ

記事を読む

ピラルクーの命名式

8月にアマゾン大水槽へ仲間入りした小さなピラルクーの愛称が決まりました! 10/8~2

記事を読む

東京から栃木にやってきたアマゾンの魚たち

10月上旬に東京タワー水族館から当園にいくつかの魚たちがやってきました! アマゾンを代表する魚

記事を読む

15周年企画展の様子~ギャラリー編~

今回は、前回に続いて、ただいま開催中の15周年記念企画展“アマゾンアドベンチャー”について紹介します

記事を読む

アマゾンの小さな魚

大きなピラルクーを展示しているアマゾン大水槽にはおよそ100種類の魚たちがいます。大きな魚たちに眼を

記事を読む

犯人はこの中にいる!

アマゾンの魚を展示する水槽では日本一大きい当園の「アマゾン大水槽」で、先日、新たなアマゾン化計画が行

記事を読む

冬の企画展

  冬の企画展は毎年、室内イルミネーション(ライトアクアリオ)を行っています。 今年

記事を読む

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

栃木県なかがわ水遊園とは?

なかがわ水遊園は2001年に栃木県大田原市にオープンした、日本でも珍しい淡水魚の水族館。体験講座、イベント、水遊びなどが楽しめるアクアパーク。「見て触れて、水と緑と、さかなの世界」をコンセプトに公園、体験、水族館施設があります。

リンク

PAGE TOP ↑