近隣観光情報:観る

なかがわ水遊園トップ 近隣観光情報 馬頭院

大自然と街が織り成す風光明媚な観光資産をお楽しみください。

なかがわ水遊園を楽しんだ後は、八溝山に連なる山地と、関東の四万十川と言われる清流那珂川などの大自然が作り出す美しい景観と、それらに囲まれた多彩な観光名所や人情味あふれる歴史と文化を、ぜひご一緒にお楽しみください。

馬頭院

建保5年(1217年)醍醐寺 第二十七代、三十代座主である光宝和尚により開創。当時の本尊は”地蔵菩薩”。寺名は「勝軍山 地蔵院 十輪寺」。
後に、元禄5年(1692年)徳川光圀公が訪れ、当山の本尊を“馬頭観世音菩薩”に、寺名を「武茂山 十輪寺 馬頭院」に改めました。?その際、光圀公は記念樹として枝垂栗(三度栗)を植えたとされ、現在では県の天然記念物に指定されています。また、他にも境内にはソメイヨシノやシダレザクラ、モミジやイチョウなど、様々な植物が植えられ、四季折々の美しい風景を楽しむことが出来ます。